どんな物を購入したか一目で分かります。

クレジットカードの基本的なしくみには買い物の時のクレジットカードを利用すればいったんカード会社が支払いを肩代わりして、後日利用者へ代金の請求が行われていて、クレジットカードにはブランドがあって、同じブランドを扱っている加盟店でのみ利用できます。そしてブランド自体の数はあまり多くないですが、カード発行会社や銀行やデパートと提携して発行するような提携カードの種類は多岐にわたっています。

そして通常の買い物やネットショッピング以外に保険料や電気やガスなど公共料金や自動車税などが可能で、但し、原則として後払いの支払い形態の貯め加入時には年収や職業などを基準にした審査があって、誰でも同じ条件でカードを持てるといったことではないです。

そして、多くのクレジットカードは決済機能に付帯されているサービスやメリットがあるのですが、一つ目はポイント制度で大半のカードはポイントがあって、利用金額に応じた付与率で加算されて貯まったポイントを景品やサービスや商品券と交換してみたり別のポイントで大手量販店などのポイント制度などにくみ入れてみたりするといったことが可能です。

さらに2つ目は旅行保険などの保険サービスがあるのですが、海外旅行時に盗難にあってけがをしたときに保障されるような旅行傷害保険や該当カードで購入した商品が破損したり盗難にあった時に保証するよなショッピング保険などが多くのカードに付加されるのです。

今ではすっかり私の支払い手段として、一番利用しているクレジットカードですが、以前までは1枚も保有していませんでした。ですから買い物や公共料金等の支払いは全て現金だったのです。やはり現金が一番確実なので、他の方法で支払うメリットを感じられなかったのです。私がこのような考えになったのは、親の影響が大きいです。親は家電や家具等、多少大きな買い物であっても、専ら現金での支払いでした。それを見て育ったので、やはりクレジットカードを作成する気になれなかったのです。

このように現金主義な私がクレジットカードを作成したのは、金融機関に勤めている知り合いがおり、どうやらクレジットカードの獲得ノルマがあるようですが、四苦八苦している様子です。そこで力になってあげたいと考えまして、クレジットカードの申込みを行いましたが、当然ながら利用するつもりはありません。

しかしある出来事から便利だと分かったのです。私はインターネットショッピングが好きで、月に数回利用します。その際はいつも現金での支払いなのですが、毎回支払い金額を用意するのがとても面倒でした。そこで試しにクレジットカードで支払ったのですが、商品を受け取るだけなのでとても楽です。また支払いの明細が送付されてくるので、どんな物を購入したか一目で分かります。
発行早いクレジットカード(http://xn--n8jtlla0b3c4ai9yif0857c4cqbey6b.xyz/)だったのも良い印象です。

今ではクレジットカードで様々な支払いを行っており、大変満足しております。